夢堀通信
夢堀通信TOP > 街道と舟路  > 日光街道夢歩き   (⑫宇都宮~徳次郎)

日光街道夢歩き   (⑫宇都宮~徳次郎)

 ⑫宇都宮~徳次郎 10,4K

9月28日8時30分、宇都宮駅西口発の関東バス今市行きに乗車、今日の起点である国道119号線の伝馬町から出発しました。
  日本橋を起点に日光までの宿場は21あります。宇都宮までの17の宿場は国道4号線に沿って併行するJRを利用しましたが、宇都宮から日光までの4宿場は、関東バスになります。宿場間をほぼ1日の行程としているので待望の神橋までは今後4日間は掛りそうです。
 当初酷暑の8月が過ぎて9月には歩きたいと楽しみにしていましたが、9月は例年にない雨続きでした。そしてやっとリックを背負えるシーズンが到来です。
 宇都宮を過ぎてから日光までの杉並木は日光道中の特徴です。街道は両側の地表より低く、両側には土手が築かれ、檜、桜、松に杉が混じった並木が続いていて、この並木の外側に現在の歩道が有ります。すれ違う歩行者はほとんどありません。植え始められてから約370年,樹高30Mにもなった杉の木は日光街道の来し方の様々な出来事を見つめつつ、将来へと受け継がれていくでしょう。  

2018年10月 7日

写真集

写真集の閲覧・操作方法

写真集の閲覧・操作方法