夢堀通信
夢堀通信TOP > 新河岸川散策(その1)街道と舟路  > 新河岸川散策(その1) 木野目稲荷神社本殿(市指定文化財)

新河岸川散策(その1) 木野目稲荷神社本殿(市指定文化財)

木野目地区は新河岸川の支流の九十川流域に位置し、かっては洪水に見舞われることも多く五穀守護の神として勧請されたといいます。
板壁にはめこまれた江戸彫りは、江戸中期に活躍した彫物大工の島村俊表の刻銘があります。俊表は成田山新勝寺釈迦堂、西東京市の田無本殿を手掛けたことで知られています。
建立は棟札より嘉永五年(1852)と判明しています。

2006年5月 7日

埼玉県川越市木野目1244

写真集

写真集の閲覧・操作方法

写真集の閲覧・操作方法