夢堀通信
夢堀通信TOP > 新河岸川散策(その1)街道と舟路  > 新河岸川散策(その1) 下新河岸の河岸場(市指定 史跡)

新河岸川散策(その1) 下新河岸の河岸場(市指定 史跡)

新河岸川舟運が繁栄した安永三年(1774)頃、旭橋右岸の下新河岸の河岸場には伊勢安(現斉藤家住宅)をはじめ七軒の河岸問屋がありました。しかし現在は伊勢安一軒だけがその面影を今に伝えています。
斉藤家には味噌倉、米倉、素麺倉と呼ばれる土蔵があり、外壁は修理されていますが元禄十三年(1700)頃建てられたといわれています。(市指定文化財)
軒下には当時の高瀬船の帆柱、艪が残っています。(斉藤文夫氏 写真提供)

2006年5月 7日

埼玉県川越市寺尾234

写真集

写真集の閲覧・操作方法

写真集の閲覧・操作方法