夢堀通信
夢堀通信TOP > 史蹟クラブ24  > 話題の築地市場をぶらり見学(史跡24)

話題の築地市場をぶらり見学(史跡24)

 間もなく12月、冬の木枯らしが心配されましたが、意外とお天気で築地駅に全員集合しました。築地本願寺にお参りしていよいよ場外市場の見学です。昔から築地市場には飛行機と墓場以外は何であるとのこと、そして規模は日本一、全国から食材が集まる場所と言われています。
まずは場外市場を見学。その混雑ぶりには驚きました。最初は仲間と一緒でしたが暫くして見失い、独りで気儘に写真を撮りました。
 暫くする狭い賑やかな混雑から、大きな鉄骨の建物が立ち並ぶ閑散とした場内の卸売市場の仲卸売り場に立っていました。勝鬨橋が良く見える隅田川際です。
 市場の卸売会社のお話では、前日の夕方頃からトラックが市場に到達し、朝5時半からセリが始まり8時頃は買い出し人で大変な混雑になりますが11頃には仲卸も店仕舞いになるそうです。今の時間(12時)が市場が最も静かな時だそうです。
 市場の豊洲移転の話も出ました。近代化の魅力がある一方築地の独特な風土に愛着があり複雑な気持ちだと語ってくれました。
 気が付くと昼食の時間。失礼して「すしざんまい奥の院」に直行。元気な仲間と近況と今日の成果をを話し合いました。  
  そしてお湯割り一杯と脂の載った本マグロの大トロ、旨かったあー・・・・


2017年11月20日

東京都中央区築地5-2-1

写真集

写真集の閲覧・操作方法

写真集の閲覧・操作方法